注射

3つの方法

女性らしいボディラインになりたい、胸を大きくしたいと考える人は少なくありません。そんな人の中にはサプリメントを飲んでいるという人もいるでしょう。また、そのためのエクササイズをしているという人もいます。しかし、それでもなかなか効果が出ない、すぐに効果を出したいというのであれば豊胸手術も検討してみましょう。豊胸手術というと、体に異物を入れるから怖いと思う人が多いようです。また、手術だからメスを使って切開する方法を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、最近はメスを使わずに注射だけで簡単にできる豊胸手術もあるのです。考えているよりも手軽で簡単にバストアップをすることができます。
豊胸手術はたくさん方法があるのですが、大きく分けると3つにできます。まず、1つ目が脂肪注入法と言われる豊胸手術です。これは、自分の体の余分な脂肪を吸引したあと、それを胸に注入することでバストアップを図ります。吸引の量や馴染む具合によって効果に差が出ますが、おおよそ2カップ前後のサイズアップが期待できるのです。また、もともと自分の体にある脂肪なので触った感じも自然で、形も整えられます。次の方法が、ヒアルロン酸注射です。これは、豊胸だけでなくほうれい線や小ジワの対策にも用いられる方法です。ヒアルロン酸の場合は約1カップのサイズアップができます。こちらは脂肪と違いヒアルロン酸が体内に吸収されるので定期的に施術が必要です。最後が昔から使われているバッグ挿入法です。乳腺や大胸筋の下にシリコン製のバッグを挿入する方法で、切開が必要です。

Copyright ©2015 ほうれい線の悩みには手軽にできるプチ整形を活用しよう All Rights Reserved.

DESIGN BY FCT.